荒川区・台東区・千代田区の事業用不動産 収益物件はヒサノリエステート株式会社にお任せください

収益アパート・ビルの専門
住宅とは違う専門知識が求められます。
当社は事業用不動産取扱いに自信があります。

お任せください建物管理 (空室募集中)

収益不動産、アパート、ビル管理はヒサノリエステートにお任せください

すでにアパート経営やマンション経営をされている大家さん・・・下記ようなお悩みはありませんか? 「6室あるアパートなんだけど、どうしても1室だけうまらなくて困ってる!
都内にワンルームマンションを買ったの、でも半年も空室のままで・・・
家賃滞納が続いてて・・・毎月しっかり払ってもらいたい!
入居者が入れ替わる度のリフォーム負担が毎回大きくて困る!
どこを直せば魅力的な部屋になるのか良く判らない!
建物が古くなってきたけど、直すのにどの程度費用がかかるんだろう?

このような空室の問題や家賃滞納トラブル、建物のメンテナンスにかかる費用負担への不安など、大家さんなら皆少なからずご経験の悩みだと思います。ヒサノリエステート㈱が、悩みを抱えた大家さんのご相談にのります!皆様のアパート経営やマンション経営を強力にサポートいたします。
ぜひお気軽にご相談ください!

入居者の募集

  • 賃貸募集図面の作成
  • 弊社運営賃貸情報サイトにて公開
  • 不動産仲介業者に物件図面を配布
  • 不動産会社専用オンライン情報網に登録・公開

契約・更新・解約の手続き

  • 入居者の審査
  • 重要事項説明・契約書の作成、説明、調印
  • 火災保険の加入

賃料の徴収・送金

  • 賃借人から徴収して、オーナー様へ送金

家賃滞納者への催促

  • 電話・メール・文書・訪問にて通告後、改善

入居トラブルの対応

  • クレームの受付
  • 設備トラブルへの対応
  • 業者の派遣、改善の確認

退去の立会い

  • 退室時の立会い及び点検
  • 鍵の管理・回収
  • 補修費の請求、敷金の清算

リフォームの手配

  • 業者の手配、御見積もり確認
  • 新規リフォームのご提案

建物一棟・各お部屋の調査

  • 外装や共用設備、各専有部分内の設備などの状況(設備内容・劣化状況)調査
  • 調査に基づく改修方法・予算についてのご提案
  • 専有部分の調査内容は「エアコン」「給湯器」「コンロ」「ミニ冷蔵庫」「インターフォン」「換気扇」 「その他補修が発生すると思われる箇所」の製造年月日から交換費用まで詳細に行います。

建物一棟の清掃業務(オプション)

  • 敷地内の清掃
  • ゴミ捨て場の清掃(分別ゴミ出しの周知徹底)
  • 雑草処理など

賃貸住宅紛争防止条例(東京ルール)

平成16年10月1日に施行された賃貸住宅紛争防止条例(通称:東京ルール)、原状回復に関する問題、敷金の清算でのトラブル等を未然に防ぐために定められた全国初の条例です。詳しくは下記東京ルールについてをご覧下さい。

この条例は、住宅の賃貸借に係る紛争を防止するため、民法など法律上の原則や判例により定着した考え方から、原状回復等に関する原則と借主の負担とする具体的な事項について契約の前に、宅地建物取引業者が借主に対して説明し書面を交付することを義務付けたものです。

説明内容の要旨
退去時の通常損耗等の復旧は、貸主の費用負担で行うのが原則です。経年変化・通常使用による損耗等の復旧は、貸主と借主の合意による特約がある場合や、借主の責めに帰すべき事由による場合を除き、貸主が行うのが原則です。

入居期間中の必要な修繕は、貸主の費用負担で行うのが原則です。住宅の使用及び収益に必要な修繕は、貸主と借主の合意による小修繕特約がある場合や、借主の責めに帰すべき事由による場合を除き、貸主が行うのが原則です。

賃貸借契約において、借主の負担としている具体的な事項、退去時の復旧あるいは入居中の修繕について、上記原則及び原則と異なる特約に基づき借主の負担で行うことを具体的に列挙します。

修繕及び維持管理等に関する連絡先。

宅建業者が説明義務等に違反した場合は、指導、勧告、公表を行います。
宅建業者が、条例の説明義務を怠り、説明の全部または一部を行わなかったとき、資料を揖出しなかったとき、虚偽の報告をしたときなどは、指導・勧告を行います。勧告に従わない宅建業者に対しては、氏名・住所・勧告の内容等を公表します。

費用負担の一般原則について

経年変化及び通常の使用による住宅の損耗等の復旧については、賃貸人の費用負担で行い、賃借人はその費用を負担しないとされています。

■例■
壁に貼ったポスターや絵画の跡、日照などの自然現象によるクロスの変色、テレビ・冷蔵庫等の背面のヤケ 賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責めに帰すべき事由による住宅の損耗等があれば、賃借人は、その復旧費用を負担するとされています。

■例■
飼育ペットによる柱等のキズ、引越作業で生じたひっかきキズ、エアコンなどから水漏れし、その後放置したために生じた壁・床の腐食 例外としての特約について 賃貸人と賃借人は、両者の合意により、退去時における住宅の損耗等の普及について、上記1の一般原則とは異なる特約を定めることができるとされています。ただし、特約はすべて認められる訳ではなく、内容によっては無効とされることがあります。 弊社では一般原則とは異なる以下の内容を特約として定めています。

畳表替

畳表替えは汚損・破損がある場合1室単位で必ず行い、その費用の全額が賃借人負担となります。■料金■ 畳表替え 1帖 5,000円(別途消費税)~

室内クリーニング

ハウスクリーニングは「(1)基本クリーニング」、「(2)カーペット洗浄(カーペットの場合)」の2項目を貸主または貸主の指定する清掃業者が汚れの度合いに拘わらず行うこととし、その費用は全額賃借人の負担となります。(2)のカーペット洗浄は1室単位で行うものとします。
※専門業者がハウスクリーニングを行いますので、退去時において賃借人の特別な清掃は必要ありません。

■料金■ 1K/30,000円前後~、1DK・2K/40,000円前後~、2DK/45,000円前後~、その他は別途見積、カーペット洗浄:平米/1,200円前後~
※カーペット及び床クッションフロア・フローリング・壁・天井クロスは(1)の基本クリーニング部位には含まれません。

壁・天井・クロス

洗浄で落ちない汚損や補修できない破損がある場合、壁・天井クロスは1面単位で張替えとします。

床部分

洗浄で落ちない汚損や補修できない破損がある場合、床クッションフロア・カーペットは1室単位で張り替えるものとします。尚、フローリングの汚損・破損部分は経過年数を考慮いたしません。

住宅の使用及び収益に必要な修繕

費用負担の一般原則について 住宅の使用及び収益に必要な修繕については、賃貸人の費用負担で行うとされています。

■例■
エアコン(賃貸人所有)・給湯器・風呂釜の経年的な故障、雨漏り、建具の不具合 入居期間中、賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責めに帰すべき事由により、修繕の必要が生じた場合は、賃借人がその費用を負担するとされています。

■例■
子供が遊んでいて誤って割った窓ガラス、お風呂の空だきによる故障 例外としての特約について 上記の一般原則にかかわらず、賃貸人と賃借人の合意により、入居期間中の小規模な修繕については、賃貸人の修繕義務を免除するとともに、賃借人が自らの費用負担で行うことができる旨の特約を定めることができるとされています。

■参考■
入居中の小規模な修繕としては、電球、蛍光灯、給水・排水栓(パッキン)の取替え等が考えられます。 弊社では一般原則とは異なる以下の内容を特約として定めています。 電球、蛍光灯、給排水栓(パッキン)の取替え等費用が軽微な修繕については、賃借人の負担とします。

西日暮里駅 収益不動産

荒川区・台東区・千代田区収益物件

HOME > お任せください建物管理